1. トップページ
  2. お知らせ・イベント
お知らせ・イベント
2013年1月7日更新
中海・宍道湖・大山圏域市長会では、本圏域の一体的な観光振興策を検討するための基礎資料として、以下の調査を行いました。
つきましては、以下のとおり調査結果を公表しますので、ご活用ください。

【調査概要】
① GAP調査
 インターネットによる聞き取り調査を行い、中海・宍道湖・大山圏域の認知度と興味度、期待度や満足度を調査しました。
≪調査期間≫
 平成24年11月12日~平成24年11月14日
≪対 象 者≫
 サンプル数:1,030名  男女比:5:5  年代:20歳以上
 居住地:大阪、兵庫、広島、岡山、東京・神奈川の5エリア
(割合:各20% サンプル数は、各エリア約200名)

② GPS調査
携帯電話のGPS機能を活用し、ユーザーからあらかじめ許諾を得た上で、取得した位置情報を基に、本圏
域を訪れる旅行者の発地、周遊状況、滞在時間等を調査しました。
≪調査期間≫
 平成24年5月1日~平成24年5月31日
≪設定条件≫
 ■旅行者の定義:中海・宍道湖・大山圏域に自宅や勤務地がなく、2時間以上滞在していた者。
 ■宿泊者の定義:対象エリア内に22時~翌4時のうち、4時間以上滞在していた者。
 ■流入・流出計測スポット:5ヶ所
(①米子自動車道 ②伯備線 ③米子空港 ④出雲空港 ⑤国道54号線)
 ■圏域内の計測観光エリア:10ヶ所 ※当該エリア内に1時間以上滞在した者を訪問者とする。
(①松江城 ②足立美術館・さぎの湯温泉 ③出雲大社 ④水木しげるロード ⑤皆生温泉
  ⑥大根島・由志園 ⑦キララ多伎 ⑧玉造温泉 ⑨米子駅 ⑩大山寺)

報告書① (pdf 126KB)
報告書②(GPS調査) (pdf 3.7MB)
報告書③(GAP調査) (pdf 2.0MB)
2012年8月28日更新
中海・宍道湖・大山圏域市長会では、この圏域を全国にPRでき、皆さんに親しみを持っていただけるような愛称を公募し、このたび決定しました。

結果はこちら
≪ 前へ  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11