1. トップページ
  2. 圏域の紹介
  3. 宍道湖の自然(生物・水質)
圏域の紹介
宍道湖の自然(生物・水質)

 宍道湖では日本一の漁獲量を誇るヤマトシジミが湖岸のほぼ全域に生息しており、昔から人々の生活と密接にかかわってきました。このほか、汽水湖のために魚種も豊富で、スズキ、モロゲエビ(ヨシエビ)、ウナギ、アマサギ(ワカサギ)、シジミ、コイ、シラウオの代表的な7種の魚介類は「宍道湖七珍」と呼ばれ、江戸時代の昔から親しまれています。これらの季節折々の湖の幸は周辺地域の豊かな食文化を育んできました。

 また、宍道湖は有数の水鳥の渡来地であり、240種以上の鳥類が生息しており、特にガン・カモ類は毎年40,000羽を超え、なかでもキンクロハジロが20,000羽以上、スズガモが5,000羽以上確認されています。2005年には中海と共にラムサール条約に登録されています。