1. トップページ
  2. 市長会について
  3. 中海・宍道湖・大山圏域振興ビジョン
市長会について
中海・宍道湖・大山圏域振興ビジョン

 中海・宍道湖・大山圏域振興ビジョン

 

 中海・宍道湖・大山圏域市長会では、圏域が一体的に発展していくための共通の指針として、中海・宍道湖・大山圏域振興ビジョンを策定しました。

 

1】策定の目的

 本圏域は、古くから地理的・歴史的なつながりがあり、豊かな自然と歴史・文化を背景に、恵まれた生活環境や、充実した都市機能を有する山陰の中核的な都市圏として発展してきました。産業や交流も盛んで、日本海側の都市圏における高い潜在能力を有しています。この潜在能力を有効に活用し、本圏域が連携して一体的にさらに発展していくためには、構成各市が有する特徴的な資源や優位性を活かした連携を推し進める、共通の目標と方向性が必要とななります。

 本ビジョンは、圏域内で活動する住民・NPO や各種団体、企業、行政などの各主体が共有する圏域の将来像を示し、圏域振興の指針として提案するものです。

 

 2】策定の経過

  H24年6月~8月        策定作業に向けての準備・コンサル選定等 

  H24年8月~           圏域の現状把握、基礎データの収集・整理

  H24年9月~10月      アンケート調査(188団体)及びヒアリング(11団体)の実施

  H24年10月~11月      圏域の現状分析・課題抽出・基本方向の検討

  H24年11月       ビジョン骨子案の提示(11/28第2回総会)   

  H24年12月~H25年1月  振興ビジョン案についての意見聴取(パブリックコメントの実施)

  H25年2月         中海・宍道湖・大山圏域市長会シンポジウムの開催 

  H25年3月         中海・宍道湖・大山圏域振興ビジョン策定

 

【3】中海・宍道湖・大山圏域振興ビジョン

   以下をクリックしてご覧ください。 

       ≪ 本編:表紙(PDF 580KB)本文(PDF 8.84MB) ≫

       ≪ 概要版(PDF 3.56MB)