1. トップページ
  2. お知らせ・イベント
お知らせ・イベント
2017年9月17日更新
9月18日(日・祝)開催の「山陰いいものマルシェin米子」は、予定どおり開催します。
ただし、9時30分から予定していました、オープニングイベント「米子市立弓ケ浜中学校のブラスバンドの演奏」は中止します。
なお、ステージイベントの内容も変更する可能性がありますので、ご了承ください。
山陰いいものマルシェHP
2017年8月15日更新
ビジネスのご縁を結ぶ山陰最大級のBtoBイベント

ものづくり企業を中心に、中海・宍道湖・大山圏域内外から幅広くエントリーを募り、企業間の取引拡大、連携強化を図る山陰最大級の「商談・展示会」です。商談会では、最大11社まで効率的に商談が可能。
昨年は236社(機械金属その他関連127社、飲料・食料品関連117社)が参加し、延べ456件の商談を行いました。商談調整成功率は56.6%。

今回は、展示ブースにおいて業種を2分野から3分野に拡充(「飲料・食料品」、「機械金属・樹脂・電気その他」「その他(IT・環境等)」し、60小間の展示ブース設置。
売りたい製品などの画像をWEB上にアップロードでき、視覚的な情報発信も可能であり、商談相手を探しやすい仕組みを採用。

本イベントへの商談・展示エントリーをお待ちしています!

■開催日 平成29年(2017)11月21日(火)
■場 所 米子コンベンションセンター BiG SHiP(鳥取県米子市末広町294)
■参加費 無料(参加者交流会 米子6:00 クラブへの参加は有料)
■スケジュール  商談・展示会 10:00~16:00
         参加者交流会(米子6:00クラブ) 17:00~18:30
■展示ブース 下記3分野の展示企業を募集(先着順)
  1.飲料・食料品(製造業) ・・・・・・・・・・30ブース(予定)
  2.機械金属・樹脂・電気 その他(製造業)・・・15ブース(予定)
  3.その他(IT・環境等)・・・・・・・・・・・ 15ブース(予定)
※限定60ブースで先着順。
※申込みは、圏域内(出雲・松江・安来・境港・米子・鳥取県西部)のものづくり企業限定。

詳細、その他ご不明な点は下記へお問い合わせください。

お問い合わせ
中海・宍道湖・大山圏域ものづくり連携事業実行委員会
事務局 まつえ産業支援センター TEL0852-60-7101





ビジネスマッチング商談・展示会2017in米子ホームページ
ビジネスマッチングチラシ
ビジネスマッチングチラシ
展示会の様子
展示会の様子
商談会の様子
商談会の様子
2017年7月21日更新
中海・宍道湖・大山圏域を中心に、山陰の逸品を一堂に集めて販売する「山陰いいものマルシェ」の出店者を募集します。
こだわりのある山陰のいいものを圏域内外へPRするとともに、生産者と加工業者、流通業者等とのビジネスマッチングのチャンスです。
ぜひ、ご自慢の産品・商品をもって「山陰いいものマルシェ」に出店しませんか。
また、マルシェ開催に併せ、9月18日に首都圏や関西圏、地元のバイヤーを招いた「バイヤーツアー」を、翌19日には「マッチング商談会(米子市)」をそれぞれ開催します。

【概要】
 ・日程    9月18日(月・祝) 10:00~16:00 ※荒天中止(小雨決行)
 ・会場    える・もーる一番街、米子市公会堂(米子市角盤町)
 ・主催    山陰いいものマルシェプロジェクト実行委員会
 ・募集店数  60店舗(予定)

【出店までの流れ】
 ・エントリーシート提出締切り  8月7日(月)17時必着
 ・出店選考委員会開催      8月中旬
 ・出店者説明会・研修会     8月30日
 ・出店申請書提出締切り     9月下旬


 詳細については、添付の募集要項等をご確認いただくか、下記までお問い合わせください。

【出店に関するお問い合わせ、申込みについて】
 ・株式会社メディアスコープ(担当:安部・太田)
  ℡:0852-31-9011,Fax:0852-31-9022
  Email:iimono@sanin-chuo.co.jp

山陰いいものマルシェホームページ

出店者募集要項 (pdf 220KB)
エントリーシート (docx 26KB)


出雲マルシェの様子
出雲マルシェの様子
2017年5月1日更新
中海・宍道湖圏域の産業振興を図るため、圏域内企業・団体の海外における外国人観光客誘致及び自社製品、技術等の海外への販路開拓に向けた自主的な取り組みを支援することを目的として、以下のとおり海外展開支援事業を実施します。

■事業内容 :海外での商談会等へ参加する圏域内の事業者に対し、予算の範囲内で補助金を交付します。
■実施期間 :平成29年5月1日(月)~平成30年3月31日(土)
■募集期間 :平成29年5月1日(月)~平成30年1月31日(水)
■対象者  :圏域内に本社または主たる事業所をおく中小企業又は複数の中小企業により構成される
       グループ若しくは団体
■対象経費 :海外商談会等の参加における会場費、現地通訳費、輸送費、宣伝活動費、旅費等
■補助金額 :原則、補助対象経費の1/2 補助上限額30万円
       ただし、以下にあてはまる場合は①~③の補助率、補助上限額とします。
       ①北東アジア(ロシア、韓国、中国及びインド)での商談会等へ参加する場合  
       【補助対象経費の2/3 補助上限額30万円】
       ②平成24~28年度に、中海・宍道湖・大山圏域市長会海外商談会参加等支援補助金の
        交付を受けた場合 
       【補助対象経費の1/4 補助上限額15万円】
       ③中海・宍道湖・大山圏域市長会海外商談会参加等支援補助金にあわせて、他の補助制度に
        よる補助金等の交付を受ける場合 
       【補助対象経費の1/2 補助上限額15万円】
■応募方法 :提出書類
  ・補助金等交付申請書
  ・支援事業計画書
  ・支援事業収予算書
  ・予算経費に係る根拠資料(見積書等)
  ・任意グループ概要書(※補助対象者が複数の企業により構成される又は団
   体である場合に限ります。) 体である場合に限ります。)
  ・参加しようとする商談会等を案内文書又はパンフレット
  ・国県等が交付する補助金の決定通知書写し、そ他の対象となるこを証す
   書類(※補助事業が国等金交付受け場合に限ります。) 限ります。)
  ・事業者の所在自治体が交付する、市税滞納ないことを証明書類
  ・その他、中海・宍道湖大山圏域市長会長が必要と認める書類

事前相談もしていますので、下記事務局へご相談ください。

海外商談会参加等支援補助金交付要領 (pdf 219KB)
海外商談会参加等支援補助金募集要項 (pdf 288KB)
補助金等交付申請書等 (doc 97KB)
申請様式(事業計画書、収支予算書等) (doc 119KB)
【参考】補助金の活用例 (doc 36KB)


2016年12月28日更新
 旅好きモデルの「izu(イズ)」と「Lilme(リルミー)」が、中海・宍道湖の沿岸地域を旅します。出雲・松江・安来・米子・境港の5つの市でたくさんの“好き”を見つけてきました。

 2泊3日の女子旅は出雲市からスタート!!縁結びの神様として名高い出雲大社へ。出西窯では伝統工芸に触れました。
 松江市では宍道湖の夕日を眺め、玉造温泉に宿泊。2日目は国宝松江城へ。城のお堀を小船でめぐる堀川遊覧も楽しみました。
 米子市に移動して、宿泊は皆生温泉。新鮮な海の幸、山の幸を堪能し、露天風呂で旅の疲れを癒しました。
 3日目は安来市の足立美術館からスタート。まるで絵画のように美しい、パノラマの日本庭園に心奪われました。
 境港市では、水木しげるロード・記念館でおなじみの妖怪達に出会いました。昔ながらの織機で弓浜絣も体験しました。

 他にも色々な観光・グルメ・買い物スポットを回りました。詳しくは【動画】をご覧ください。
 この動画を見たら、次の旅先は【山陰の真ん中】に決まり!きっと、あなたの“好き”が見つかります。

【動画】山陰の真ん中で“好き”を見つける旅(動画メディアMINE特設ページ)
出雲市編(Youtubeリンク)
松江市編(Youtubeリンク)
安来市編(Youtubeリンク)
米子市編(Youtubeリンク)
境港市編(Youtubeリンク)




1 | 2 | 3  次へ ≫